本文へ

【番号制度対応】サービスの一部終了及び一時停止について(平成27年12月22日から)【追記】

  日頃から公的個人認証サービスをご利用いただきましてありがとうございます。

  番号制度対応のためにシステム切替作業を実施いたします。作業に伴い、公的個人認証サービスが一部終了及び一時停止いたしますのでお知らせいたします。
皆様には、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

1.一部終了するサービス

(1)住基カード向け公的個人認証サービス電子証明書発行業務の終了

  ・平成27 年12 月22 日(火)17 時

    ※以降、番号カードでの発行となります。

2.一時停止するサービス

(1)オンライン窓口、利用者クライアントソフトからの失効申請

  ・平成27 年12 月22 日(火)17 時から

    ※サービス再開は平成28 年1 月1 日(金)

(2)オンライン窓口、利用者クライアントソフトからの電子証明書の有効性確認

  ・平成27 年12 月28 日(月)23 時59 分から

    ※サービス再開は平成28 年1 月1 日(金)

3.同期間中に市町村窓口において対応可能なサービス

電子証明書の発行・失効(有効期間満了に伴う更新手続も含む)の業務はできませんが、住民基本台帳カード(IC カード)に対し、次に示す業務は実施することができます。

  ・電子証明書のパスワード初期化処理

  ・電子証明書のパスワードロック解除

  ・IC カード診断ツールの実行

  ・利用者証明書の表示

  ・自己署名証明書の表示

  ・電子証明書のパスワード変更

なお、e-Tax等の電子申請については、上記サービス停止の時間帯でも通常通り行えます。


お問い合わせ先

地方公共団体情報システム機構  公的個人認証サービスセンター
お問い合わせフォームまでお願いいたします。