本文へ

ICカードリーダライタを設定する

ICカードリーダライタの設定を行うことができます。
設定方法についてご覧ください。

(ご注意1)

この機能をご利用いただく場合には、電子証明書が記録されたICカード(住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード)とICカードリーダライタをご用意ください。

(ご注意2)

利用者クライアントソフトVer 2.3以降の場合、初期設定ではICカードリーダライタを自動検出するように設定されています。設定を変更する必要はありません。 ICカードリーダライタ設定のダイアログイメージ

(ご注意3)

ICカードリーダライタの自動検出ができない場合、「ICカードに接続できませんでした。」等のエラーが表示されます。以下の手順でICカードリーダライタを手動設定してください。
利用者クライアントソフトVer 2.2, 2.1, 2.0をご利用の方は、ICカードリーダライタの自動検出機能はありません。手動で設定を行ってください。

電子証明書およびICカードリーダライタのご用意

(1)ICカードリーダライタをお使いのパソコンに接続します。

(2)電子証明書が記録されたICカード(住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード)をICカードリーダライタに挿入します。

「ICカードリーダライタの設定」を起動させます

利用者クライアントソフトVer 2.3以降をご利用の方は、初期設定では「ICカードリーダライタを自動検出する(A)」が選択されています。基本的には設定を変更する必要はありません。

(1)スタート画面左下にある[↓]ボタンをクリックします。

(2)アプリのメニューの[ICカードリーダライタ設定]をクリックします。 「ICカードリーダライタ設定」起動の手順イメージ

(3)「ICカードリーダライタ設定」のダイアログが表示されます。

ICカードリーダライタの設定をします

(1)お使いになるICカードリーダライタがPC/SC対応である事を確認し、「PC/SC対応(P)」をクリックします。ドライバインタフェースについては、市区町村窓口で配布された資料などを参照してください。 ICカードリーダライタ設定のダイアログイメージ

(2)プルダウンメニューからお使いのICカードリーダライタを選択し、[設定(S)]をクリックします。 ICカードリーダライタ設定のダイアログイメージ

(3)「ICカードリーダライタの設定が変更されました。」のメッセージが表示されるので[OK]をクリックします。 ICカードリーダライタ設定完了イメージ