本文へ

パスワードの失念

公的個人認証サービスに関するパスワード

【マイナンバーカードの場合】

4種類のパスワードがあります。

  • マイナンバーカード署名用パスワード
    マイナンバーカードの署名用パスワードは以下の半角文字を6文字から16文字まで、かつ、数字とアルファベット の混在が必須です。また、パスワードとして使える文字は以下の通りです。
    ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
    0123456789
    (ご注意)
    パスワードは半角文字で設定されるため、全角文字を使うことはできません。
    アルファベットは大文字のみ使うことができます。
    小文字で入力された場合は、大文字に変換されます。(※マイナンバーカード署名用パスワードのみ)
  • 利用者証明用パスワード(4桁の数字)
  • 券面事項入力補助用パスワード(4桁の数字)
  • マイナンバーカード用パスワード(4桁の数字)

【住民基本台帳カードの場合】

2種類のパスワードがあります。

  • 住民基本台帳カード署名用パスワード
    住民基本台帳カードの署名用パスワードは、以下の半角文字を4文字から16文字まで、かつ、数字とアルファベットを 使用可能です。また、パスワードとして使える文字は以下の通りです。
    ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
    0123456789
    (ご注意)
    パスワードは半角文字で設定されるため、全角文字を使うことはできません。
    アルファベットは大文字のみ使うことができます。
    小文字で入力された場合は、大文字に変換されます。(※マイナンバーカード署名用パスワードのみ)
  • 住民基本台帳カード用パスワード(4桁の数字)

電子証明書のパスワードの失念

【マイナンバーカード/住民基本台帳カードともに】

電子証明書の発行を受けた市区町村の窓口でパスワードを初期化し、パスワードの再設定を行います。
(注)パスワードの初期化をする場合は、顔写真付き公的証明書による本人確認が必要となります。詳しくは市区町村窓口にお問い合わせください。

電子証明書のパスワードの変更方法

【マイナンバーカード/住民基本台帳カードともに】

パソコンから、もしくは発行を受けた市区町村窓口で変更する事ができます。

パソコンから変更する場合
住民基本台帳カード(ICカード)と利用者クライアントソフトおよびICカードリーダライタが必要となります。変更方法は以下の「利用者クライアントソフトの利用方法」の「パスワードを変更する」のページよりご覧ください。

発行を受けた市区町村窓口で変更する場合
市区町村窓口にて、パスワード変更申請を行い、窓口に設置された機器で変更します。
(注)市区町村窓口でパスワードの変更をする場合は、顔写真付き公的証明書による本人確認が必要となります。詳しくは市区町村窓口にお問い合わせください。

電子証明書のパスワードがロックしてしまった場合の解除方法

【マイナンバーカード/住民基本台帳カードともに】

署名用電子証明書のパスワードを5回(利用者証明用は3回)連続で間違って入力した場合、パスワードロックがかかってしまいます。発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定を行います。
(注)パスワードのロック解除をする場合は、顔写真付き公的証明書による本人確認が必要となります。詳しくは市区町村窓口にお問い合わせください。