Java実行環境へ登録する

利用者クライアントソフトのプログラムをJava実行環境へ登録することができます。Java実行環境への登録方法についてご覧ください。

JRE(Java実行環境)の再インストールやバージョンアップを行った際に、本機能を利用してください。


この機能をご利用いただく場合には、お使いのパソコンにJRE(Java実行環境)がインストールされている必要があります。JRE(Java実行環境)については「JRE(Java実行環境)の導入方法」のページをご覧ください。

「Java実行環境への登録」を起動させます

  • Dockの[Finder]をクリックし起動させます。
    デスクトップのメニューアイコンイメージ
  • Finderのウィンドウが表示されます。[アプリケーション]をクリックします。
  • アプリケーションのメニューの[ユーティリティ]をクリックします。
  • ユーティリティのメニューの[公的個人認証サービス]をクリックします。
  • 公的個人認証サービスのメニューの[Java実行環境への登録]をダブルクリックします。 Finderのウィンドウイメージ

Java実行環境への登録を行います

  • 認証ダイアログが表示されます。管理者権限のユーザーアカウントの名前とパスワードを入力し、[OK]をクリックします。
    認証ダイアログのパスワード入力イメージ
  • 「Javaの実行環境にJPKI利用者ソフトのプログラムを登録しました。」のメッセージが表示されたら[OK]をクリックします。
    プログラム登録完了イメージ