証明書の検証方法

官職証明書または職責証明書を検証します。証明書の検証方法をご覧ください。

利用者クライアントソフトを起動させます

  • スタート画面の[公的個人認証サービス]をクリックします。
  • [JPKI利用者ソフト]をクリックします。
    「JPKI利用者ソフト」起動の手順イメージ
  • 「JPKI利用者ソフト」のウィンドウが表示されます。

証明書を表示します

  • 「JPKI利用者ソフト」のウィンドウで[その他の証明書(O)]をクリックします。
    「JPKI利用者ソフト」のウィンドウイメージ
  • 「開く」のダイアログが表示されるので電子証明書ファイルを選択し、[開く(O)]をクリックします。ここでは表示例として「官職証明書.cer」というファイルを用いています。
    「開く」のダイアログイメージ
  • 「証明書表示」のウィンドウが表示されます。
    「証明書表示」のウィンドウ(基本情報)イメージ

証明書を検証します

  • 「証明書表示」のウィンドウで[証明書検証(V)]をクリックします。
    「証明書表示」のウィンドウ(基本情報)イメージ
  • パスワードを入力するダイアログが表示されます。キーボードからICカード(マイナンバーカード)の公的個人認証 署名用パスワード(マイナンバーカード)を入力し、[OK]をクリックします。
    パスワードを入力するダイアログイメージ(マイナンバーカードであり署名用パスワードの場合)
  • (2)のパスワードダイアログで「パスワードを表示する」にチェックを付けると、入力したパスワードをそのまま表示します。

  • 官職証明書または職責証明書の検証結果が表示されます。公的個人認証サービスセンターと通信を行うため、時間がかかることがあります。予めご了承ください。
    検証結果:官職証明書検証のダイアログの証明書検証結果表示イメージ
検証結果
「有効」
官職証明書または職責証明書が有効であることを示します。
「検証失敗」
何らかの原因で検証することができなかったことを示します。
「無効」
官職証明書または職責証明書が無効であることを示します。
証明書ファイルを開く