オンライン窓口に関するご質問

よくあるご質問一覧

A:オンライン窓口」を利用して、電子証明書の有効性を確認することができます。

A:電子証明書は、下記の場合失効され使用できません。

  • 電子証明書の有効期間が満了した場合。
  • 氏名、生年月日、性別、住所 が変更になった場合。
  • 電子証明書の失効申請をした場合。

電子証明書をご使用になるためには新規発行の手続きを行って下さい。

A:電子証明書の利用をやめる時には、次の2つのいずれかの方法で電子証明書の失効申請を行なってください。

電子証明書の発行を受けた市区町村窓口で電子証明書の失効申請/届出を行なう。
オンライン窓口」を利用して失効申請を行なう。
ただし、以下の場合には、必ず市区町村の窓口ですみやかに電子証明書の失効の届出を行なってください。

  • マイナンバーカード/住民基本台帳カード(ICカード)を紛失した場合
  • マイナンバーカード/住民基本台帳カード(ICカード)を盗まれた場合
  • 破損、故障などによりマイナンバーカード/住民基本台帳カード(ICカード)が使用できなくなった場合
  • マイナンバーカード/住民基本台帳カード(ICカード)を他人に不正に使用された場合
  • または不正使用された可能性が生じた場合など
A:原則として24時間ご利用いただけます。ただし、保守点検等によりサービスを一時的に停止する場合がございます。サービスを停止する場合には「システムの保守点検等についてのお知らせ」のページにてご案内します。
A:オンライン窓口をご利用になるためには、公的個人認証サービスの電子証明書が入った個人番号/住民基本台帳カード(ICカード)、インターネットに接続されたパソコン、ICカードリーダライタ、および 「利用者クライアントソフト」が必要です(「利用者クライアントソフト」は「利用者クライアントソフトのダウンロード」のページからダウンロードできます)。 また、ご利用の前にパソコンに必要なソフトウェアのインストールするなどの設定を行う必要があります。
A:JREとは、オラクル株式会社が提供している「Java Runtime Environment」の略称です。JREは、オンライン窓口アプリケーションが動作するためのJava実行環境を提供します。
A:オンライン窓口による電子証明書の失効申請を行った場合には、失効手続きは翌日完了します。