電子証明書の有効期間と失効

電子証明書の有効期間

ICカードにより有効期間が異なりますので、ご注意ください。

マイナンバーカードの場合

公的個人認証サービスで使用する電子証明書の有効期間は、電子証明書発行の日から5回目の誕生日までです。
(注)マイナンバーカードの有効期限が切れる際には、格納されている電子証明書の更新を行ってください。

住民基本台帳カードの場合

公的個人認証サービスで使用する電子証明書の有効期間は、電子証明書発行の日から3年間です。
(注)住民基本台帳カード(ICカード)に記載の有効期間は住民基本台帳カード(ICカード)の有効期間になりますのでご注意ください。 住民基本台帳カードに格納された電子証明書の有効期限が切れる際には、マイナンバーカードに切り替え願います。

電子証明書の更新手続き

住民基本台帳カードの交付は終了していますので、マイナンバーカードを申請願います。

マイナンバーカードの場合

有効期間満了日の3ヶ月前から更新手続きを行うことができます。 有効期間満了前に更新を行った場合は、電子証明書の有効期間は、電子証明書発行の日から6回目の誕生日までです。
(注)発行時の手数料については、市区町村の窓口へご確認ください。

住民基本台帳カードの場合

住民基本台帳カードに新たに電子証明書を格納することはできません。住民基本台帳カードに格納された電子証明書の有効期限が切れる際には、マイナンバーカードに切り替え願います。

電子証明書が失効となる場合

マイナンバーカード/住民基本台帳カードともに

  • 電子証明書の失効申請をした場合。
  • 住民票の基本4情報(氏名、生年月日、性別及び住所)の記載が修正された場合(ただし、マイナンバーカードの利用者証明用電子証明書は失効しない)。
  • 電子証明書の有効期間が満了した場合。
  • 本人が死亡した場合。