利用者クライアントソフトの動作の確認方法

利用者クライアントソフトの動作の確認方法をご覧ください。

電子証明書およびICカードリーダライタのご用意

  • ICカードリーダライタをお使いのパソコンに接続します。
  • 電子証明書が記録されたICカード(住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード)をICカードリーダライタに挿入します。

利用者クライアントソフトを起動させます

  • スタート画面左下にある[↓]ボタンをクリックします。
  • アプリのメニューの[JPKI利用者ソフト]をクリックします。 「JPKI利用者ソフト」起動の手順イメージ
  • (3)「JPKI利用者ソフト」のウィンドウが表示されます。

利用者クライアントソフトの動作を確認します

  • 「JPKI利用者ソフト」のウィンドウで[動作確認(S)]をクリックします。
    「JPKI利用者ソフト」のウィンドウイメージ
  • 「公的個人認証サービスソフトウェア動作確認機能」のウィンドウが表示されます。メッセージ内容を確認し、[実行(E)]をクリックします。 「公的個人認証サービス ソフトウェア動作確認機能」のウィンドウイメージ

  • ICカードリーダライタをパソコンに1台のみ接続して実行してください。また実行する前に必ずICカード(住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード)が挿入されていることを確認してください。

  • 実行結果が表示されます。 実行結果イメージ
正常に動作している場合の実行結果
動作確認開始・・・・・  
ICカードリーダライタ基本動作確認  
SCardEstablishContext OK ・・・「OK」であることを確認します
SCardListReaders OK  
   ReaderXX XXXXXXXXXXXXX
・・・ICカードリーダライタ名称が表示されることを確認します
SCardGetStatusChange OK  
 SCARD_READERSTATE->dwEventState : XXXXXXXXX
  SCARD_STATE_PRESENT
・・・「SCARD_STATE_PRESENT」が存在することを確認します
  SCARD_STATE_CHANGED  
  SCARD_STATE_UNPOWERED  
SCardConnect OK ・・・「OK」であることを確認します
SCardStatus OK  
 Reader Name: XXXXXXXXXXXXX  
 Reader State: XXXXXXXXXX  
 Reader Protocol: XXXXXXXXXX  
 Reader ATR size: XXXXXXXXXX  
 Reader ATR Value: XXXXXXXXXXXXXXXXXX  
SCardDisconnect OK  
SCardReleaseContext OK  
   
動作確認終了  

実行結果が上記の内容と異なる場合、公的個人認証サービスを使用する上で何らかの問題が発生している可能性があります。「動作を確認した時のエラーについて」のページをご覧ください。