マイナンバー/住基カード(ICカード)に関するご質問

よくあるご質問一覧

A:行政手続きのうち、国民・住民の権利義務関係等に大きな影響を与えるものについては、厳格な本人確認が求められます。公的個人認証サービスは、国民・住民に安心・安全にオンラインで行政手続きを行っていただくため、確実な本人確認のサービスを提供するものです。

このような公的個人認証サービスの性格上、電子署名を行うための秘密鍵や電子証明書の記録には、高い安全性が求められます。このため、これらは、耐タンパ性(外部から不正にデータを読み取られることのないような構造)を持ったマイナンバー/住民基本台帳カード(ICカード)に記録してお渡ししているところです。

磁気カードでは、スキミング等によりカード内のデータが簡単に盗まれ、偽造コピーされてしまう恐れがありますが、耐タンパ性を持つマイナンバー/住民基本台帳カード(ICカード)では、秘密鍵は厳重に守られており、そのような心配はありません。

A: このエラーメッセージが表示される場合、ICカード、またはICカードリーダライタに何らかの問題があり、ICカードとICカードリーダライタの通信が正常に行えていないことが原因として考えられます。以下の手順を実施し、状況が改善されるかご確認ください。

  • 接触型ICカードリーダライタの場合、ICカードの挿入状態が前後あるいは上下逆になっていないか正しい向きで挿入してください。
  • 非接触型ICカードリーダライタの場合、ICカードリーダライタを置く机等の材質が鉄等の金属の場合、ICカードリーダライタが正常に動作しないことがございます。その場合は、机とICカードリーダライタの間に厚めの本等を敷くことで改善する場合があります。
  • ICカードリーダライタとパソコンの接続において、USBハブを使っている場合は、ICカードリーダライタをパソコンに直接繋いでください。また、パソコン本体前面のUSBポートを使っている場合は、背面のUSBポートへ繋いでください。
  • ご利用いただいておりますICカードリーダライタが適合性検証済みICカードリーダライタ一覧に掲載されているかご確認ください。
  • 公的個人認証サービスに対応したICカードリーダライタドライバが正しくインストールされているか、または、ICカードリーダライタにICカードを挿入した状態で正常に動作するかをご確認ください。
確認方法

ご利用のパソコンで、「コントロールパネル」から「プログラムと機能」または「プログラムのアンインストール」へ進みますと、インストールされているプログラムの一覧が表示されますので、ご利用いただいているICカードリーダライタのドライバがインストールされているかご確認ください。

  • SONY製ICカードリーダライタ「RC-S330」「RC-S370」をご利用の場合「NFCポートソフトウェア」「PC/SCアクティベータforTypeB」が必要となります。
    SONY製ICカードリーダライタ「RC-S380」をご利用の場合「NFCポートソフトウェア」が必要となります。
    インストールされていない場合は、こちらよりダウンロードし、インストールしてください。
  • NTTコミュニケーションズ製「SCR3310-NTTCom」をご利用の場合「NTTCom Smart Card Reader for JPKI」が必要となります。
    インストールされていない場合は、こちらよりダウンロードし、インストールしてください。

他の型番、および他メーカーのICカードリーダライタについても、ドライバを最新のバージョンにすることで問題解決する場合もありますので、ICカードリーダライタメーカーより最新のドライバを入手してご使用ください。

上記でも改善しない場合は、OS別の対処方法をご確認ください。

Windows版はこちら Mac版はこちら