1. マイナンバーカード取得
  2. 電子証明書取得
  3. ICカードリーダライタの用意
  4. パソコンのセットアップ
  5. 電子申請

Windowsをご利用の方

利用者クライアントソフトのダウンロードおよびインストールにあたり、お使いのパソコンのOSやブラウザなどのバージョン等を確認し、ご利用条件を必ずお守りください。
利用者クライアントソフトのダウンロードはこのページの下部よりご利用いただけます。

動作環境をご確認ください

以下にサポートする動作環境を示します。

サポートするカード
  • マイナンバーカード(個人番号カード)
  • 住民基本台帳カード(住基カード)
サポートするOS
  • Microsoft Windows 10 (32bit / 64bit)
  • Microsoft Windows 8.1 (32bit / 64bit)
  • Microsoft Windows 7 Service Pack1 (32bit / 64bit)

設定における注意事項もご確認ください。

OSの確認方法

前提となるWindows更新プログラム

利用者クライアントソフト(Windows版)は、SHA256に対応するため、下記のWindows更新プログラムの適用が必須です。

Windows8.1の場合
  • Windowsの更新プログラム(KB2919355)
Windows7の場合
  • Windowsの更新プログラム(KB3035131)
  • Windowsの更新プログラム(KB3033929)

※ 手動で更新する場合はKB3035131を先にインストールした後、KB3033929をインストールして下さい。



利用者クライアントソフト(Windows版)を安全にインストールするために、下記のWindows更新プログラムを適用のうえ、最新の利用者クライアントソフトをインストールすることを推奨します。(またIPAで公開された「Windowsアプリケーションの利用における注意」の対策方法によって暫定的に対処することも可能です。)

Windows7の場合
  • Windowsの更新プログラム(KB2533623)
サポートするブラウザ
  • Internet Explorer 11 (注1)(注2)
  • Internet Explorer 10 (注3)
  • (注1)Windows 10において動作検証済み。
  • (注2)Windows 8.1において動作検証済み。
  • (注3)Windows 7 Service Pack1において動作検証済み。

ブラウザの確認方法

Windows10をご利用のみなさまへ
Windows10では標準ブラウザが「Edge」となりますが、公的個人認証サービスで発行されている電子証明書の利用時には「Microsoft Internet Explorer」を利用いただく必要があります。利用ができない場合は下記の方法にてご利用くださいますようお願いいたします。

Microsoft Internet Explorerの起動方法

ご利用条件をお守りください

  • 利用者クライアントソフトは公的個人認証サービスの電子証明書をお持ちの方のみご利用できます。
  • 利用者クライアントソフトの再配布はできません。
  • 利用者クライアントソフトを改造したり、リバースエンジニアリング、逆アセンブル等を行うことはできません。
  • 利用者クライアントソフトに関するいかなる著作権表記も変更できません。
  • 利用者クライアントソフトを使用した結果、損害が発生しても地方公共団体情報システム機構は責任を負いません。

ご利用条件に同意できない場合には、利用者クライアントソフトを利用しないでください。

利用者クライアントソフトのダウンロード

利用者クライアントソフト Ver 3.2 ダウンロード

上記からダウンロードできない場合は、こちらもお試しください。

利用者クライアントソフト Ver 3.2 ダウンロード

インストール方法

ダウンロードした利用者クライアントソフトのインストーラー(JPKIAppli03-02.exe等)をダブルクリックするとインストールが開始されます。

インストーラのアイコン

パソコン画面に表示される案内に従いインストールを行ってください。

インストーラ画面 ご参考:インストール方法の詳細