本文へ

認証局からの重要なお知らせ


Windows10をご利用のみなさまへ
Windows10では標準ブラウザが「Edge」となりますが、公的個人認証サービスで発行されている電子証明書の利用時には「Microsoft Internet Explorer」を利用いただく必要があります。利用ができない場合は下記の方法にてご利用くださいますようお願いいたします。

Microsoft Internet Explorerの起動方法

平成29年1月12日

マイナンバーカードに格納された公的個人認証サービスの電子証明書の読み取り、電子署名・電子利用者証明の実施に対応するスマートフォンを、パソコンのICカードリーダとして利用することができる利用者クライアントソフトWindows版・Ver3.1をリリースしました。
また、これと連動してスマートフォンで使用する利用者クライアントソフトAndroid版・Ver1.0をリリースしました。
利用者クライアントソフトのダウンロード 電子証明書の読み取り可能なスマートフォンに関するご質問

よくあるお問い合わせ


    利用者ヘルプデスクにお問い合わせの多いご質問を掲載していますのでご確認ください。その他のお問い合わせについてはこちらをご確認下さい。

    署名用電子証明書は5回、利用者証明用電子証明書は3回連続して誤入力することによりパスワードロックされます。ロックの解除は、お住まいの市区町村でお手続きください。
    電子証明書のパスワードがロックしてしまった場合の解除方法

    住基カードとマイナンバーカードではICチップの位置が異なります。接触型のICカードリーダライタをご利用中に、「ICカードに接続できませんでした」のエラーが発生した場合は、ICカードの挿入の方向、カードの表裏を、もう一度、ご確認ください。

    e-Taxソフトや利用者クライアントソフトをインストール(再インストール)した後に「ICカードに接続できませんでした」のエラーが発生した場合は、利用者クライアントソフトのICカードリーダライタ設定の見直しにより、エラーが解消する場合があります。
    ICカードリーダライタを設定する

    また、Windows10にアップデートした後等に、「ICカードに接続できませんでした」のエラーが発生した場合は、ICカードリーダライタのドライバの最新化によりエラーが解消する場合があります。最新のドライバは、ICカードリーダーライタメーカから入手してください。
    ICカードリーダライタのご用意

    その他、ICカードリーダライタに関連したお問い合わせや、トラブルについての確認・解決方法については、下記をご確認ください。
    よくあるご質問 ICカードリーダライタに関するご質問
    トラブルシューティング ICカードリーダライタに関するトラブル